新社会人応援キャンペーンで引っ越し

社会人の引越しは新社会人応援キャンペーンがおすすめ

社会人を機に引越し

学生のときは実家から通っていて、
社会人を機に一人暮らしを初めてする方。

 

おそらくこのパターンが一番多いのではないかと思います。
近場ならまだしも、内定条件によっては地方に行く可能性も多々あります。

 

時間も限られていますので、なるべくスムーズに、
トラブルなく引越しは済ませたいところですね。

 

新社会人の引越し

長きに渡る学生生活を終えて、新社会人になる方は「第二の人生の始まり」などと呼ばれています。
最初は社会の荒波に戸惑うことでしょう。
年功序列を初めて経験する人もいます。社員や顧客は全員自分よりか年上の先輩上司の方々です。

 

会社の重役と話す機会もあるでしょう。
そんな社会人生活は学生にとっては雲を掴むようなもので、期待よりも不安が大きく募ります。

 

最後の学生の時間を満喫するために、
なるべく不安事は考えたくはないもの。ましてや引越しなどに時間を割くのはもったいないですね。

 

おすすめの引越しプラン

前回の記事では「学生応援キャンペーン」を実施している引越し業者を利用するのがおすすめとご紹介しました。今回も同様で「新社会人応援キャンペーン」というサービスを実施している業者があります。
サービス内容は学生応援キャンペーンとほぼ同様です。
その他には「単身引越しプラン」などはどこの引越し業者も実施しています。
こちらは1台のトラック(大体2t)に詰める荷物であれば、いくらでも同一料金というものです。
移動距離も指定範囲内は一律で引き受けてくれるところが多いですね。

 

単身引越しプランは日付を指定しなければ、
業者はいくつかの案件と一緒に荷物を運ぶことができるので、より安くなります。

 

一括見積もりサイトを利用するのもおすすめ

一括見積もりサイトでは大手から中小企業まで多くの引越し業者が登録していますので、
単身にチェックを入れればより安い見積もりを手にすることができるはずです
一括見積もりサイトの魅力は何十社の見積もりを比べることができることにありますので、
より多くの引越し業者から見積もりを貰うことが秘訣です

 

また一括見積もり登録後、業者から電話やメールで問い合わせが来るパターンがありますので、
その際に自分の予算や要望をはっきりと伝えることも、値引きできる条件となるでしょう。

 

社会人になったばかりの頃は仕事に慣れるまで慌しく、家具を揃えたりする時間もなかなかとれません。
また初めての一人暮らしの場合は、月々の支出も把握できないため出費がかさみがちです。
1円でも安く引越しを済ませ、その分生活費にあてることも重要となることでしょう。

 

引越しのおすすめな時期

大学4年生を例に取れば、内定が出るのは早くて夏期休講手前、遅くて秋口。
なかなか内定が決まらない方は冬口、最悪卒業ギリギリという学生もいます。
内定が早く決まればそれだけ学生生活を楽しむ時間も引越しにかける時間も多くなります。

 

理想は夏いっぱいです。新卒社会人の場合は、その多くは最終面接の際、もしくは内定が出た際に勤務先を通達されます。
勤務先を確認して、もし現在の自宅から通える範囲ではない場合は、すぐに引越しの準備に取り掛からなければなりません。

 

引越し業者の繁忙期はご想像されている通り新大学生、新社会人が多い3月4月となります。
それ以外にも社会人の赴任、転職、転属、異動通達が多い8月9月も業者は繁忙期になります。

繁忙期の時期は引越し料金が相対的に高く釣りあがってしまいますので、
狙い目は閑散期である10月11月です。

 

12月になると、今度は新居で年越しを迎えようとする家族の引越しが多くなるため、やはりおすすめは10月か11月ですね。
閑散期では値引き交渉や日付の指定もできる可能性が上がりますので、提示された条件を鵜呑みにするのではなく、こちらの要望もはっきりと伝えることが引越しを上手く済ませるコツとなります。

余った時間で学生の余暇を楽しもう

大学4年のほとんどの学生は就職活動に時間を費やすため、講義は少なめで、卒業単位はほぼ3年次に取り終えているのではないでしょうか。
中には4年次はゼミと卒業論文だけというつわものもいますね。
2月3月は学生は最後の長期休みということで多くの方が卒業旅行を計画します。
日本は祝日日数は多いのですが、まとまった長期休暇が欧米と比べて極端に少ないので、海外旅行を楽しむ機会も減ってしまいます。
旅行好きの方はこれを機にバックパッカーをしたり、短期ステイを体験したりすることができます。
そのためにも、早くに内定を貰い、引越しを早くに進める必要があると言えます。