「安くして」ではなく「○○円にして」が秘訣

前回は引っ越し業者と直接商談する際の一連の流れをご紹介しました。

 

今回はさらにクローズアップして、
商談の中でも最も核心的な部分となる「値段交渉」に関してご説明したいと思います。
1円とは言わず、1万円単位で引っ越し料金を安くしたいとお考えの方にとっては重宝する内容となっています。

 

値段交渉の原則

値段交渉の際は、消費者は1円でも安くしたいと意気込んで
「もっと安くして」と言ってしまいがちです。

 

しかし、よく考えてみてください。
皆さんの自宅へ訪れる営業マンは値引きの権限がないかもしれないということです。

 

最初に名刺を貰えますので、その際に役職を見てみましょう。
マネージャーなどの肩書きがあれば、多少の値引きの権限は持っていることかと思います。

 

しかし、引っ越し業者の立場からすると、できるだけ値引きをしたくないのは当然です。
しかし値引きしなければよその業者に取られてしまう。この葛藤をうまく利用するのが値段交渉のコツです。

 

具体的な金額を提示

値段交渉で最も大切なのは「具体的な金額を提示すること」となります。
先に説明したように、「もっと安く」と言うと、営業マンは「いくら安くしたら注文してくれるのか」と困ってしまいますね。
底が見えない値段交渉ほどやりにくいものはありませんので、そこを逆手にこちらで妥協ラインを具体的に作ってあげることが必要です。

 

「税込で8万円ジャストだったら御社に決めます」。
「予算が5万円なので、5万円をくぐれたら御社に決めます」。
このように、いくらであれば決めることができるのかを具体的な数値をもってして相手の営業マンに提示してあげましょう。

 

もし営業マンの値引きの権限範囲内であれば、おそらく皆さんの思惑通りに値引いてくれることでしょう。
逆に値引きの権限の範囲外の場合は、その場で上司に連絡をとってくれて承認を貰う方もいます。
上司に値引きの承認を貰う場合は
「○○円ならうちで決めてくれるそうです」と具体的な数値を伝えることが営業の原則だからです。

 

値引き交渉の余地はまだまだある

もともと引っ越しというのは経費はそれほどかかるものではありません。

 

移動費や人件費などはすでに料金に組み込まれていますので、このようなサービスをうりにしている商売は利益率が高いと言えます。例えば見積もりの合計金額が10,5000円としましょう。そこで、「10万円にしてくれませんか?」と言うと、営業マンは喜んで値引き交渉に応じてくれます。

 

なぜなら、5000円程度の値引きで済めば、業者は儲けものだからです。
思い切って6万円、7万円でスタートしてみてはいかがでしょうか。
1万円以上の値引きは必ずできるものと思ってください
また、引っ越し業者もそれを理解しているので、最初の見積もりはある程度高く出す傾向にあります。

 

値段交渉は駆け引きでもありますが、大切なのは「お互いが気持ちの良い値段で取引できること」です。