引越しが決まってからの荷造りのコツや不用品処分の仕方記事一覧

引っ越し業者とやり取りを続けると並行して、荷造りの作業も行わなければなりません。特に二人以上の家族での引っ越しとなると、予想以上にダンボールの数が多くなりますので、最低でも3週間前から梱包作業ははじめましょう。まずは仕分け作業梱包する前に行いたいのが「仕分け作業」です。ここで説明する仕分けとは「引っ越し業者に運んでもらう荷物」と「自分で運ぶ荷物」です。自分で運ぶ荷物の決め方無論大型家具や家電は自分...

引越しの際に漏れなく必要となるのが「ダンボール」ですね。デスクの周りの小物から台所のキッチン用品、そして衣類など、単身の引越しであっても10個くらいは必要になることでしょう。自分で思っている以上にダンボールは必要になると思っていただけたらと考えます。ダンボールの入手の仕方一番手っ取り早いのはスーパーで貰うことです。店員に了解を取れば貰えるところや、ダンボール置き場にある分であれば何も言わずとも持っ...

引越しの準備でダンボールを梱包する際、いくつかの注意点があります。それを守らなければ、荷解きの際に効率が悪く多大な時間と労力を費やすことにもなりかねません。特に初めての引越しの方は忘れがちなこともありますので、よく注意してご覧ください。梱包の際の注意点まず梱包する際は、必ず「不要なもの」からダンボールに詰めるようにしましょう。引越しに慣れていない多くの方は目に付いた周りの生活用品や軽い物などからど...

引越しの機会というのは、同時に不要なものを処分する絶好の機会とも言えます。誰でも引越しの際や新居に住む場合はなるべく荷物は少なくしたいと考えます。これからゴミ捨て場に捨てようと考えている方は、ちょっと待ってください。もしかしたら、その家電や家具、玩具などはお金になるかもしれませんよ。処分は有料の場合も小さな物であれば捨てるのにお金はかかりませんが、大型の家具家電は役所から専用のシールを買って、それ...

エアコンを前の住居から引越し先に持ってこようとするのであれば、そちらも引越し業者に依頼することができます。逆にエアコンの場合は管理人に報告の上、前の住居に置いておくこともできます。特にエアコンとベランダに置く室外機と繋げるために部屋に丸い穴を開けてしまった場合は、その修繕費を敷金から引かれる可能性があります。もしエアコンをつけたままにすると、その多くの場合は見逃してくれるでしょう。エアコンの脱着は...