ダンボールは引越し業者から貰おう

引越しの際に漏れなく必要となるのが「ダンボール」ですね。

 

デスクの周りの小物から台所のキッチン用品、そして衣類など、単身の引越しであっても10個くらいは必要になることでしょう。自分で思っている以上にダンボールは必要になると思っていただけたらと考えます。

 

ダンボールの入手の仕方

一番手っ取り早いのはスーパーで貰うことです

 

店員に了解を取れば貰えるところや、ダンボール置き場にある分であれば何も言わずとも持って帰れるところなど、スーパーごとに方針は異なります。

 

スーパーでは毎日何十箱というダンボールを消費しますので、夜の時間帯に行けばきっと気にいったものが見つかるかと思います。

 

「でもちょっと持って帰るのが恥ずかしい」と考えて、その場で開いて確かめもせずに家に持って帰ると、大きさや形が想像と違っている場合も多々あるのでご注意ください。

 

あとは郵便局や佐川急便などの配送センターで貰うこともできます。
ただし、スーパーでダンボールを手に入れる場合は無料ですが、こちらは有料になります。
その代わり頑丈ですし、大きさも数種類の中から選ぶことができます。

 

大きさはどのくらいが適切?

簡単に言えば「自分1人で持てるくらいの大きさ」であれば問題ありません。
引越しの際は、小さなダンボールは自分で持って行くか、
それとも業者にすべて委託するかは悩ましい問題で最後までつきまといます。
もし自分で持って行くのであれば、自家用車のトランクか後部座席に入る大きさでなければいけません。

 

ただし、おすすめはできるだけ大きいダンボールを選ぶことです
見た目は大きくとも組み立てたら丁度いい大きさになる場合がよくあります。
また大きさはそれほど種類もあるわけではないので、毎日目にしていると大体の面積も分かってくるものです。

 

形は底が深いものを選ぼう

形は何よりも重要です。
ダンボールは大きく分けて2種類の形があり、1つは底が浅く面積が大きいもの。
もう1つは底が深く面積が小さいものです。
おすすめは断然後者となります。

 

底が浅いと、どれだけ大きくとも中に入るものはほとんどありません(衣類くらい)し、何よりも両手で抱えなければなりませ。底が深いタイプであれば、周りにパッキンや保護シートを貼れば食器や鍋、パソコンなども入れることができます。

 

最適なのは引越し業者に用意してもらうこと

引越し業者と契約したら、必ず担当の方が
「ダンボール要りますか?」と訊ねてくるでしょう。

 

どこの業者も10個から20個くらいまでは無料で貸してくれますし
引越し先で回収もしてくれます。

 

引越し業者が持っているダンボールの中でも衣類用のものは重宝します。
ダンボールの中にハンガーがかけられており、衣類を畳まず運ぶことができます。スーツなどは便利ですね。

 

ダンボールは引越し先の後始末にも困ります。
引越し先がマンションやアパートであれば、大量のダンボールを捨てると周囲の目も気になりますし、なにより大変です。
他で手に入れたダンボールも言えば引越し業者に引き取ってもらうこともできるのですが、向こうもそれは乗り気ではないので、お願いしたら眉間にシワを寄せるかもしれませんね。
そう考えると引越し業者から貰ったダンボールのみで引越しを済ますのが一番理想かもしれません。

 

ただし、そのためには早くに引越し業者を決めていなければなりませんね。
荷造りの作業は考えているよりも遥かに時間が必要です。「ダンボール1個にこれしか入らないんだ!」、「まだ時間に余裕があると思っていたけど、ぜんぜん終わらない」と思うことでしょう。

 

生活必需品というのは引越しする前日まで必要となりますので、結局は最後まで引越しの作業に追われることとなることは覚悟した方がよさそうですね。
早めに引越し業者を決めて、早めにダンボールを貰う。これは引越し作業の効率化を図る上での必須条件とも言えるでしょう。