引っ越し準備の際の梱包と荷解き

引っ越し準備の際の梱包と荷解きのポイントと注意点

梱包と荷解きのコツと注意点

引越しの準備でダンボールを梱包する際、いくつかの注意点があります。
それを守らなければ、荷解きの際に効率が悪く多大な時間と労力を費やすことにもなりかねません。

 

特に初めての引越しの方は忘れがちなこともありますので、よく注意してご覧ください。

 

梱包の際の注意点

まず梱包する際は、必ず「不要なもの」からダンボールに詰めるようにしましょう
引越しに慣れていない多くの方は目に付いた周りの生活用品や軽い物などからどんどん入れてしまいますが、これらは生活の中で使うこともあるので、その度に取り出さなければなりません。

 

不要なものというのは、例えば「余分な食器」、「季節外れの衣類」、「本や雑誌」などですね。
例えばパソコンを最初に入れてしまったら、引越し当日までパソコンは使うことができませんね。
このように引越し日まで使うかどうかを第一に念頭に置きながら、梱包作業を行いましょう。

 

次の注意点は「必ずダンボールに中身を書くこと」です。
例えば「鍋」、「パソコン」、「スーツ&ジャケット」などと、
ダンボールの中身は必ずマジックで書き留めておきましょう。

 

でなければ、「あれ、これの中身なんだっけ?」
と再びガムテープをはがさなければならなくなってしまいます。

 

そして3つ目の注意点ですが「ガムテープを貼るのはギリギリまでとっておく」ことです。
梱包作業は引越し日の3週間前くらいからすでに始めることでしょう。
そうなると、必ず発生する問題が「梱包した後に使う必要性がでてくる」ということです。
ですので、ガムテープを貼るのは引越し日の前日か2日前に一気に作業するのがおすすめです。

 

荷解きの注意点

荷解きの場合はダンボール箱を一箇所に集中しないで収納する場所ごとで荷解きするようにしましょう。
例えば衣類のダンボールはクローゼットまで持っていって荷解きをするといった具合です。

 

ダンボールの処分

荷解きをすべて終えたあと、大量のダンボールが残ります。
引越し業者が後日持って帰ってくれるといいのですが、その希望も少ないのが現状。
引越し前後とではゴミ処分の方法に違いがあるかもしれませんので、まず最初に管理人や周辺の人にゴミの処分方法を教えてもらうようにしましょう。