引越し業者とありがちなトラブル

ここでは引越し業者と実際にあった
トラブルをご紹介したいと思います。

 

基本大手の引越し業者は料金が高い分社員教育やサービスなどの付加価値を高めていますので、
この手のトラブルは少ないと言っていいでしょう。

 

ただし、絶対ないとも言い切れませんので、
万が一トラブルに見舞われたとき、
どのように対処するかも併せてご紹介したいと思います。

 

引越しでありがちなトラブル

引越しでありがちなトラブルは主に3つあります。
どちらに過失があるかによっても対応の仕方は変わってきますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

壁や荷物に傷をつける

例えば公共の廊下を家電を運ぶ際に傷つけてしまった。部屋の壁を擦ってしまった。
このようなこともあります。基本は荷物を運ぶ範囲にはすべて養生テープ(保護テープ)を貼りますので、壁を傷つけることはまずありません。ただし、中小企業や個人事業に依頼すると、この保護テープをしない場合があります。

 

また、家電を落としてしまった。食器が入っているダンボールを落としてしまい、食器が割れてしまった。
このような場合も考えられますね。基本は引越し業者がこれらに対しては責任を追うことになります。

 

サービスが納得いかない

例えばスタッフの態度が悪い。
近隣住人とすれ違っても挨拶すらしてくれない。
トラックを許可していない場所に路上駐車している。
サービスに部屋の掃除とあったが、まったくおざなり。

 

このような値段をつけられないサービス、付加価値のトラブルもありますね。
あくまでもサービスなのでこちらも強く指摘することができないのが悔しいところです。

 

荷物の紛失

確かにトラックにダンボールを入れたのになくなってしまった!
稀ではありますが、こんなケースもあることでしょう。

 

自分の思い過ごしか、それとも引越し業者が紛失してしまったのか。
さて、こちらの場合はどのように対処を求められるのでしょうか。

 

トラブルの解決方法

上記3つのトラブルに対しての解決方法があります。
ただし、中には泣き寝入りをするしかないのもありますので、よく注意してご覧ください。

 

引越し保険に入る

食器が割れるなどして、こちらが損害を被った場合、引越し業者はそれに対して弁償することとなります。
弁償の仕方は業者によって異なりますね。

 

例えばテレビを壊したのであれば、修理費用を治し、絵画を傷つけたのであれば、
金銭を払うなどといった方法が取られます。

しかし、弁償するにしても一定の上限があることも覚えおいてください。
効果な物はその上限を超えてしまうため、泣き寝入りするしかありません
そのために用意されているのが「引越し保険」と呼ばれている制度です。
要はこの上限の天井をあげるということですね。海外旅行保険のようなものです。
もし高価な家電や家具、美術品がある場合は、こちらの保険に入っておくのがおすすめです

サービスの対応は本社に電話

スタッフの対応やサービスが悪いといったクレームは基本本社に電話します。
現場で働くスタッフは派遣やアルバイトも多く、仮に現場のリーダーにクレームをかけたところで、
平謝りされてそこから解決には至りません。

すでに済んでしまったことなので、いまさらとやかく言ってもはじまりませんが、
会社にクレームをかけてしかるべき処分を下してもらうようにしましょう

紛失は基本業者は責任を負わない

「確かにトラックに入れたはず。それなのに荷物がない」
もしこのような状況に遭遇した場合はどのような解決方法があるのでしょうか。

 

基本引越し業者はトラックに荷物を入れるとき、家具の種類やダンボールの数まですべてを書面にして記入しています。そして運転中はしっかりと施錠されるので、事故がない限りは荷物は紛失することはありませんね。

 

「引越しスタッフが盗んだんじゃないか」と言っても証拠もありませんし、
何より日本は信頼と安心で企業は成り立つので、その可能性もほぼないでしょう。

 

ではこの場合、引越し業者の対応を見てみましょう。

基本的な概念の話ですが、「トラックの中で荷物が紛失することは、ありえない話」です。
つまり、荷物がなくなったというのは、こちらの思い違いということになります。
もし引越し業者に責任追及を訴えるのであれば、証拠を提示しなければなりません。

 

このように引越し先の紛失に関して、業者は責任を追うことはほとんどありませんので
大切な荷物は自分で運ぶことも必要となります