引越し費用の相場とは

「実際引っ越し料金の相場ってどのくらい?」
「単身引っ越しだけど、料金はどのくらいが妥当?」
「4人家族の引っ越し。値段の相場は?」

 

結局のところ、値段の相場を知らなければ値引き交渉をどの程度していいかも分かりませんね。
ここでは大まかな引っ越し料金の相場をご説明いたします。

 

トラックの大きさで決まる料金

引っ越し料金は他の記事でもご紹介したように、「トラックの大きさと台数で決まる」と言えます。
単身の場合は1.5tから2tトラックが主流。家族の引っ越しは2tから2.5tが主流です。
ピアノなどの大型家具がある場合は4tトラックを出すときもあります。

 

料金の考え方は「1t=○万円」が最も早い計算方法です。

これは繁忙期と閑散期、日時を指定するか否かでも変わってきますので注意は必要ですが、
「1t=1万円」、「1t=2万円」などと計算できます。
「t1(トン1)=1t1万円、t2(トン2)=1t2万円」などとよく言われています。
例えば単身の場合、2tトラックを1台「「t2」で使用すれば「2t×2万円=4万円」となります。
これに人件費や移動費が合わさると、大体5万円から8万円が単身引っ越しの相場となるでしょう。

 

両親子供2人の一般家庭では8万円から12万円程度が相場。
それ以上は「人数×2万円」の計算などでおおよその引っ越し料金の相場を計算することができます。

 

値段の格差

大手と中小、個人事業主。
あるいは繁忙期と閑散期では引っ越し料金にかなりの開きが出ることもしばしばあります。

 

単身の場合はどんなに荷物が多くとも相場は8万円いかない程度なので、引っ越し業者の立場としては、
繁忙期にはなるべく請け負いたくない案件と言えます。

 

その場合は値引き交渉もできなく、業者の提示する高い値段設定を呑む必要が出てきます。
相見積もりを提示して「他の業者では○○円御社よりも安いですよ」と交渉を持ちかけたとしても、
「では他の業者に頼んでください」と一蹴されてしまうこともあります。

 

時期と荷物の量によって、大手に依頼するか中小、
個人事業主に依頼するかを決めるのもおすすめと言えるでしょう。